2016年5月31日火曜日

Day18:Liege(リエージュ)の蚤の市とMaastrich(マーストリヒト)の素敵な本屋さん

Liege(リエージュ)では毎週金曜日に蚤の市が開かれています。
とっても貴重な平日開催の蚤の市です。
こちらに合わせて初めてリエージュを訪れました。
アムステルダムのMarqt(マルクト)というスーパーでJちゃんがオススメしてくれた
オーガニックのチョコレートバーが今日の朝ご飯です。

オーガニックらしい口当たりで、朝ご飯に丁度良い感じでした。

私はリエージュ・ギルマン駅前のホテルに滞在していたのでまずはバスで街の中心まで出て、
そこから蚤の市までは更に歩いて向かいます。
こちらはマース川です。


なんと蚤の市の写真がたった1枚だけでした(涙)
リエージュの蚤の市は規模が結構大きくて来る価値があるなと思いました!
買付けも色々と出来ました^^

お腹が空いたので蚤の市に出ていたお店でフリットを購入。
マスタードたっぷり!
お昼頃には買付けを終え一旦ホテルに戻ります。 

ゴミ箱も街によって違うのでついつい写真を撮ってしまいます。
結構シンプルなリエージュのゴミ箱。

リエージュの街はかなり近代的です。
それにしても天気が悪いですね。

そしてリエージュと言えば…駅!
リエージュ・ギルマン駅は超近代的で個性的な駅なんです。
スペイン人カラトラヴァによるデザインで2009年に完成しました。








駅には写真を撮りに行った訳ではなく、実は昼からはまたまた移動しました。
つい昨日までいたオランダに逆戻り!
リエージュ(ベルギー)からマーストリヒト(オランダ)までは電車でたったの30分なんです。

という訳で到着したのがマーストリヒトです。

マーストリヒトも駅から中心まで川を渡らなければなりません。

途中で見掛けた可愛いお花屋さん

これぞオランダ!自転車族!
そういえば思い出しましたが、オランダには自転車専用レーンがありまして(彼らが停まっているところ)
そこを歩いているとめちゃくちゃ怒られるらしいです!!
私も何の気なしに歩いていたらJちゃんに教えてもらいました。

こちらもマース川。

マーストリヒトの街は随分賑わっていました。

怖可愛い?お店発見。

アンティークショップも何軒か見付けました。

街で見付けた可愛いもの①

街で見付けた可愛いもの②
革のバッグの中にグリーン!

そしてマーストリヒトに来た目的がこちら!

Boekhandel Dominicanen(ブックハンデル・ドミニカネン)
800年前に建てられた教会をリノベーションして作られた本屋さんなんです・
2008年にはガーディアン誌によって世界一美しい本屋さんに選ばれました。
インターネットでたまたま見付けて、絶対ここに行きたい!と思い今回リエージュから寄り道しました。






中央のテーブルは十字架の形をしています。





そしてしっかりカフェもしちゃいました^^
ホットチョコレートがとっても美味しかったです。
それにしても建物の内部が本当に美しくて素晴らしくて感動しました!!
教会なので天井画もそのままあるし、2階に上がれば天井がとっても近い。
下を向けば昔のお墓がそのまんま!
なんだか不思議な感じですよ、教会なのに本屋さんだなんて。
来れて本当に良かった〜!

マーストリヒトをすっかり堪能してリエージュに戻って来ました。
外側から見た駅。


ホテルは駅の目の前でとっても便利です。
見て頂くと分かるのですが1階のレストランが工事中でした。

今夜のホテル飯はサンドウィッチです。
いやはや、オランダから一気に質素になりますね(苦笑)
そしてサンドウィッチだけでは足りずポテトチップスまで…
だからどれだけ重たい荷物を運び毎日歩き回っても決して痩せません。

さて、翌日は…実は大失態を犯してしまいました。続く…

0 件のコメント:

コメントを投稿