2017年3月1日水曜日

Day21①:マヨルカ島の旅〜光の洪水・カテドラル〜

マヨルカ島最終日…
朝のHonor Vell
まるで合成かと見紛うようなロケーション
そんなHonor Vellとも今日でお別れです。



最後にドンキーに買い込んで食べ切れなかったパンをあげに来ました。
ドンキーとのお別れもとっても淋しい…可愛かったな、ドンキー。

ドンキーの「もっとちょうだい」ポーズが可愛い(笑)

オーナーさんのゴールデンレトリーバーちゃん。
とっても賢い。

美味しい朝ご飯を頂き、オーナー夫妻に有難うを伝え、
予約しておいたタクシーに乗り込み、一路パルマ・デ・マヨルカへ。
観光ルートをあれやこれやと迷ったのですが、カテドラルには絶対午前中に行くべき!
と書いてあるブログをいくつも見たので、まずは市内に戻ることにしました。


パルマ大聖堂


豪華なファサード!!!思わず寄りでもパチリ。
これって木製でしょうか???モチーフが何となくスペインっぽい。


全体は余りにも大きい為カメラに収まらず。
早速に中に入りましょう!

入った瞬間…
うわ〜〜〜〜!!!まさに光の洪水!!!
ステンドグラスの色が太陽の光を反射してこんな美しい虹色に包まれています。
皆が絶対午前中に行け!と言った意味、すぐに理解出来ました。
今までこんなに綺麗にステンドグラスが反射しているの見たことありません!

綺麗…

発光源はこちらです。薔薇窓。

スペインならでは?の強い日差しでこんな美しくキラキラと輝くステンドグラス。

本当にここに来て良かった。
こんな美しい景色を見られるなんて思いもよりませんでした。


パイプオルガン

パイプオルガン下の装飾がとんでもなく細かい。

キラキラな祭壇

祭壇の下部には「最後の晩餐」

こちらがかの有名なガウディがデザインした天蓋飾り

大理石の床は天使

何枚も同じような写真を撮ってしまいます(苦笑)


横の部屋に進んでみましょう。
こちらは展示室でした。



燭台

手モチーフが好きです。

またまた祭壇に戻って来ました。
ドクロにタッセルの付いた黒い帽子。そして砂時計?

皆暫し休憩中。
この日はと〜〜〜っても暑く、まさに海日和でした。
最終日にこんなに晴れるなんて…(涙)

ガウディ作薔薇窓、天蓋飾り、サイドから。
煌びやかです。

そして謎な祭壇も。
魚、波、ヤシの木…すっごく歪、というか、何だかゾワゾワする。

右下の方には南国フルーツが盛り沢山と。
こちらは現代アートの祭壇なんだそうです。
個人的にはゾワゾワしながらも好きな感じで、見ていて楽しめました。

かなり大きな大聖堂で、大きいな〜と思っていたらケルン大聖堂よりも大きいんだとか!
ゴシック建築の建物としてもヨーロッパ最大級なんだそうです。

大聖堂から大分離れたところからやっと全景が写せました。
小さく見えるのが人です。すっごく大きいでしょう!

しっかし暑い、暑い、暑い…
暑いのが苦手な私は半死状態で、同行のJちゃんには迷惑を掛けました。
ひたすら「暑い、無理、暑い、無理」と繰り返す迷惑な同行者です(苦笑)

途中日時計を発見。可愛い〜!

こういう小道、いいですよね。
やっぱりイギリスとは違うなー

なんだか古くて雰囲気の良かった本屋さん

そして次の目的地がこちら!
Ca'n Joan de S'aigo(カン・ジョアン・デ・サイゴ)です。
マヨルカ島の伝統菓子、エンサイマーダを食べに来ましたよ。

古い喫茶店のような雰囲気で、ローカル感が良いです。



こちらがエンサイマーダ。
イメージ的にはふわっとした揚げパンって感じかな?

カスタード入りとかアーモンド味とか色々あるみたいですが私はプレーンで。
軽いのでペロッと行けちゃいます。
空港ではこのエンサイマーダを箱買いする方が多いと聞きましたが
見た感じ「そこまで〜?」と思いますが、これ食べると納得!
なんとなくやみつきになっちゃいます。
と〜っても美味しかったです!!

さて、マヨルカ島最終日は長くなりますので後半へ続きます^^

0 件のコメント:

コメントを投稿