2017年4月27日木曜日

Day24:パリ〜ジャックマール・アンドレ美術館のサロン・ド・テ〜そしてベルギーへ

24日目は土曜日だったので朝はヴァンブの蚤の市へ行って来ました。
今回はこれまで何度も来ているのに気付かなかった素敵なレース屋さんに何軒か出会えて
とっても良い買い付けが出来ました。
日本人の方もとっても多い蚤の市ですから、仏語が話せないと必ずどなたかが助けて下さったりして
ここに来ると日本とフランスの狭間にいるような感覚になります。

さて、買い付けを終えて向かったのが、こちらも雑誌で見付けて行ってみたかった
ジャックマール・アンドレ美術館…

…の中にあるサロンドテです。
元は邸宅の食堂だった場所がカフェになっています。
若草色の壁に大きなタペストリーと、開放された窓が印象的なとっても素敵な空間です。


しかしご覧の通りすんごい人なんです。
入るまでも並びますし、入ってからも注文を取ってもらうまでにすごく時間が掛かります。
スタッフも全員が忙しそうで、完全にサービスが行き届いていません。
少し…いえ、かなり?イラっとしましたが、何とかオーダーが出来ました。 

レモンケーキと紅茶をオーダーしました。
隣にイギリス人のご婦人2人が座られていて、貴方のケーキ美味しそうね!と声を掛けて下さいました。
ケーキは繊細なお味でとっても美味しかったです!

カフェを出てミュージアムショップを見たら裏庭に出ました。

眠りライオン

列車の時間まではサンマルタン運河の側の蚤の市で買い付けを最後まで。
可愛いカード類が見付かりました。

ホテルから北駅までバスに乗る予定が、バスが全く来なかったので
重いスーツケースを押して歩いて北駅までやって来ました。
もう汗だくです!!本当に暑かった、ヨーロッパ!!
間も無く公開だったブリジットジョーンズベイビーの吊り広告が駅全体に展開してありました。

北駅のPaulでキッシュとサラダを買って列車に乗り込みます。
キッシュは列車の中でパクリ。

この日のホテル飯。
Paulのサラダが思わぬ美味しさで、次回からリピート決定です!
イギリスのスーパーのサラダは口に合わなくて困っていたのです。

最近のブリュッセルの定宿、Euro Capital Brusselsは今回も部屋がアップグレードしてありました。


広い部屋、広いベッド、清潔なお風呂、BBCも見られるTVと完璧です。
南駅の目の前で近くにスーパーもあり、本当にオススメです。

明日はとっても楽しみにしていた大きなアンティークフェアに行って来ます!

2017年4月26日水曜日

Day23②:パリ〜ロマンチック美術館、そして古着さん巡り〜

オペラ座を後にして向かったのがまずはボン・マルシェ!
母へのお土産のベレー帽、そして自分用にベルト、洋服も見付けちゃいました。

そしてANGELINAのティールームで休憩です。
あ〜幸せ〜〜〜!!!

ショコラショーを1杯飲むのがしんどくなっていて年齢を感じました(苦笑)
ここでもお菓子や紅茶やら、マロンペーストなどお土産に購入。

さて、しっかりお腹を満たして、目の保養もしたところで次の目的地へ移動しましょう。
パリはとても小さな街です。この日はオペラ座からずっと歩いています。
素敵な建物を見るのも旅の楽しみです。

普段行ったことのない場所へ行く時はGoogle mapを見ながら歩くのですが
パリはとにかく物騒なので、最低限しかiPhoneを出さないようにしています。
ちょっと見て、すぐにしまって、もう颯爽と歩きます。
ここに住んでいます!くらいの感じで歩いています(笑)

ラボラトリー(研究所)なんて書いてあると興味津々になってしまいます。

可愛い天使がエントランスを見守ってくれています。素敵。

そして到着したのが、オペラ座に続いてこの日の大本命。
ずっとずっと訪れたかったロマンチック美術館です。

少し分かりにくいですが、この小道を進むと美術館があります。

こじんまり、ひっそり、佇んでいます。


今回の旅はジョルジュ・サンドづいていました。
マヨルカ島はジョルジュ・サンドがショパンと逃避行した場所ですし
ロマンチック美術館は、サンドが近くに住んでいたという縁で彼女の遺品が数々展示されているのです。
こちらは彼女の部屋が再現されたもの。
右手の黒髪の女性がサンドです。


ローリエの押し花が可愛い。
壁紙がどの部屋も素敵でした。

そしてこの美術館で大人気なのがこちらのガーデンカフェなんです。
かつてのオランジュリーが売店になっており、こちらで注文して庭に出ます。

と〜っても雰囲気のいいガーデン。
天気が良かったのでもう混み混みでした!

私は先程ショコラショーを飲んでいたのでさっぱりとレモンジュースにしましたが
すぐに相席になり、あんまりゆっくり出来なかったのが残念でした。

そして一旦ホテルに戻って少し休憩したら、大好きな古着屋さん巡りに繰り出しました!
アムステルダムに住むJちゃんにもオススメしてもらったTHANX GOD I'M A V.I.P.は
ホテルからすぐのところにあって行くのを楽しみにしていました。
色別に並んだ古着の中から、黒のプリーツスカートとネイビーの細幅ベルトをチョイス。

リパブリックエリアはサンマルタン運河も近いし、古着屋さんやオシャレなカフェも多く
今回初めて泊まってみて便利だなーと実感しました。

次に向かったのがODE
こちらはとっても小さなお店なんですが、ハイブランドのセカンドハンドがとても良い状態で、
しかもお手頃価格で売られていて感激しました。
美大系のオシャレなアジア人が買い物しまくっていました。
私もcelineの紺ベルベットのサンダルをゲット出来ました!

オシャレなギャラリーも立ち並びます。


途中アンティークショップエリアにも立ち寄りましたが収穫は無し。

その後は定番のMerciで目の保養をし、kitsuneでTシャツを買い、
セントジェームスでボーダーTを買い、もう完全に観光客と化しました!
これで当分服買わなくていいね、と毎回思うのですが、ね(苦笑)

そして夜ご飯は雑誌で見付けていたタイ料理のYa Lamaiへ。

オープン直後に入ったのでお客さんも少なくのんびり食事出来て良かったです。

トムヤンクンスープと…

雑誌でオススメされていた牛肉炒飯で幸せ満腹太郎です!
どちらも美味しかったのでオススメのレストランです。
やっぱりアジア料理は間違いない!

早いもので明日でパリは最終日となります。
やっぱりパリっていいな♡

2017年4月5日水曜日

Day23①:パリ〜初のオペラ座潜入〜

1日オフのこの日はなんと初!のオペラ座へやって来ました。
これまでさほど興味もなかったのですが、急にシャガールの天井画を見ておきたくなって
何度も前は通ったことのあるオペラの駅に降り立ちました。

向かって左側にビジター用の入り口があります。

朝一でやって来たのに既に沢山の人が入って行きます。

大階段
皆ここで記念撮影していました。

どこを見ても装飾や天井画がすごい!

シャンデリアにモザイクの天井

念願のグラン・ホワイエ!!!
豪華絢爛、来て良かった、感動しました。


 


静謐な雰囲気

バルコニーへのドアが開いていたので外に出てみました。

オペラ座から見えるパリの街並み
ちょうどさっきそこに立って建物を撮影したところです。

バルコニーの装飾も豪華!

グラン・ホワイエの両脇にあった小さな部屋の天井がとっても素敵でした。





いざ、シャガールの天井画を見にホールへ!!!
…と思いきや、残念ながらこの日はホールはリハーサル中で暗転していました。
でもでも、オペラ座の怪人が出て来そうな雰囲気がしますね〜!




何とか一眼レフの機能を最大限活用して撮れたシャガールの天井画
肉眼では全く見えませんでした(涙)

オペラ座の怪人の指定席、5番のボックス席。
「オペラ座の怪人」のミュージカルが大好きなので感動しました。

図書館
奥に見えるバレリーナの絵がいいですね。

舞台装置のミニチュア

バレエの衣装の展示もありました
素敵な衣装の数々に目の保養が出来ました。



「美女と野獣」みたい!

階段の手すりの装飾も好み

名残惜しいけれど、そろそろ次の場所に移動しなくちゃ。

スーベニアショップにあった可愛い灯りの展示
私はチュチュの絵が描いてある可愛いピンクのポーチを自分用のお土産に購入しました。

初のオペラ座、とっても感動しました。
まだまだ居たかったくらい、出るのが名残惜しかったです。
グラン・ホワイエはクラクラするようなゴールドの装飾で溢れていますが、
そこに佇むと心から静かになれて落ち着ける場所でした。

今回はホールがリハーサル中だったので、また次回しっかり天井画を見に来たいと思います!
パリは何度も来ていますが、まだ行ったことのない場所が沢山あるので
少しずつ行ってみようと改めて思いました。

さて、オペラ座の次は、こちらもずっと行ってみたかった小さな美術館へ行きました。
お楽しみに〜