2017年11月15日水曜日

Day5①:10年振りのプラハ!〜プラハ城〜

<Day4:エルベ川の蚤の市とドレスデン街歩き>の続き♡



ここはドレスデン中央駅のトラム乗り場。まだ外は真っ暗!

駅のパン屋さんでサンドウィッチとカフェラテを購入。

6:45発のFlix Busに乗って目指すのはプラハ!
私は以前ロンドンに留学していた時に友達と訪れたことがあるので実に10年振りです。
この日曜日、マイセンの蚤の市に行くか、プラハに日帰りtripするか迷いました。
でも折角ここまで来たから、可愛いプラハの街を再訪したくてプラハをチョイス。
可愛いアンティークもあるかな〜と期待しました♡

前日の記事のCafe Conditorei Kreutzkamm】で購入したバウムクーヘン
バスの中で食べました。しっとりしていて美味しかったです。

8:55プラハ到着。2時間で着くのであっという間です。
バス停の目の前がすぐプラハ駅でとっても便利です。
それにしてもプラハ中央駅、初めて見たけど可愛い〜!

駅に着いたらまずはトラムチケットを購入。
ちょうど4枚綴りがありました。
今回は登りがキツいプラハ城までトラムで行って、帰りが歩くルートを選択しました。
ドレスデンへの帰りのバスが中央駅から1駅先のFlorencのバスターミナル発だったので
中央駅まで歩いて戻って、そこからトラムに乗る予定だったので4枚綴りがバッチリです。
ちなみにチェコの通貨はコロナ!
私たちはお釣りが余っても困るのでコロナは下ろしませんでした。
基本クレジットカード決済をして、ユーロを受け付けてくれるところではユーロを使用。
しかしコロナしか受け付けてくれないところもありますのでご注意下さい。

中央駅のトラム乗り場から9番線に乗り、ブルタバ川を渡ってÚjezd駅で23番線に乗り換えます。
レトロな車両がプラハの街並みと相まって可愛いです。

私たちが乗ったトラムは近代的なものでしたが、ちょうどレトロなトラムの車内が撮れました。
イスの色が交互になっていて可愛い〜

Pražský hrad駅で下車すると、すぐ目の前がプラハ城の入場ゲートになります。
朝早いのに沢山の観光客が押し寄せるようにやって来ます。
しかもゲートには手荷物&身体検査があるので入るのに結構時間が掛かります。
そうして、無事入場するとチケット売り場があるのでそちらでチケット購入。
チケットも種類があります。私たちはBコースにしました。
旧王宮、聖イジー教会、黄金の小路、聖ヴィート大聖堂を見学出来ます。

確かここの広場の右手にチケットセンターがありました。

聖ヴィート大聖堂
ここで誤算。今回の入場ゲートを利用すると、まずこの大聖堂が現れます。
しかしこちらの大聖堂、入場が正午からなので、早く来ても入れません!
私たちは結局全ての他のルートを見終えて、軽食も食べて、
やっと正午になって来た道を戻って、最後にここを見学するようになりました。
ちょっと時間&労力が無駄に感じてしまいました。
それと12時にオープンするのでまずは長蛇の列に並びます。
オープンすると入るまではすぐです。
ここもプラハ城が開いた時間にオープンすればいいのに、と思うのですが何かしらの事情があるのでしょうね。

聖ヴィート大聖堂の美しいフレスコ画

広場

まずは1つ目のルート【旧王宮】
ただひたすらホールの中を歩く感じなのですが、とても大きくてびっくりです。

旧王宮から見えるプラハ市街

額がすごい!!!

2つ目の【聖イジー教会】
プラハっぽい可愛らしい外観

外観とは裏腹に、中はすっごく古そうな教会です。

天井画が素晴らしいです。

小さな木のお家は懺悔部屋?何でしょうか。


木造のキリスト

「マリアの昇天」
とっても美しい〜〜〜

天井のフレスコ画

聖イジー教会から見た聖ヴィート大聖堂
ザ・ゴシック!ですね。素晴らしい建物です。

屋根が可愛くて。

正午までまだまだ時間があります。
先に黄金の小路に進みましょう。

途中で見付けたチェコガラスのお店
デザインがチェコらしくて愛らしい。

3つ目の【黄金の小路】
元々はお城の兵士が住んでいたところが、今ではお土産物屋さんになっています。
小さな家が連なっていてとっても可愛いです。
まさに「おとぎの国」に迷い込んだみたいです!





No.22は作家のカフカが2年間暮らした場所でもあります。

ちっちゃな窓にちっちゃな玄関





昔の部屋が再現されたもの。
もうアンティーク&ヴィンテージ好きにはたまりません。
家具の1つ1つが可愛いく釘付けです。こんな家に住みたい!



黄金の小路も見終えて、まだ12時になりません。
小腹が空いたので近くのお店で休憩です。
パニーニと温かいアップルサイダー。美味しかった〜!

ようやく正午になり、聖ヴィート大聖堂に入場です!

大聖堂の見ものは何と言っても美しいステンドグラスの数々… 
その中でも一際目を引くのがこちらのミュシャが手掛けたステンドグラス
色彩豊かで独特のタッチがミュシャらしい作品です。

その他の作品もとっても美しく、溜め息ものです。




皆ステンドグラスの撮影に必死な感じですね(笑)

ステンドグラス以外にも美しい装飾の数々が見られます。


ブレていて残念なのですが、木の幹を模った装飾が珍しいです。

さて、Bルートの工程を終えてプラハ城を後にしましょう。
プラハ城から、市街地が一望出来ました。
オレンジ色の屋根が並んでプラハらしい景色が見られます。


その先も可愛らしいお散歩コースになっていたのでついでに歩いてみることに。

レンガと紅葉

可愛いバラも咲いていました。

プラハ城を出て坂道を下ります。
こんな何気ない坂道も絵になります。

坂道を下りきったところにあったお店でフライドポテトを発見!
お値段€2!観光地価格〜!
でもこれがめっちゃ美味しくて、あーまた食べたい!家でも作れそう?!

さて、またまた長くなりましたので後半に続く♡

<Day5②:プラハ街歩き>へ続く♡

0 件のコメント:

コメントを投稿