2018年9月30日日曜日

デュッセルドルフでタイ料理、そしてメディエンハーフェン地区、YOMAROも行ったよ!(5月14日)

今回の渡独に際して、デュッセルドルフに住んでいるお友達がいたので連絡を取っていました。
小学校の同級生で、なんと約30年振りの再会!!!
彼女とはfacebookで再会して、オンラインでは結構連絡を取っていたのですが
実際に会うのは本当に小学校以来。
ということで、行ってみたかったタイレストランで待ち合わせをしました。
【Sila Thai】
Googleでもかなり評価が高く、日本人の方のblogでも評価が良かったので行ってみました。
Mちゃんとはお店の前で待ち合わせしたのですが、すぐに分かった〜!!!
30年経っても全然変わってなくて、めちゃくちゃ明るくて、すぐに打ち解けました。
まるでついこの間も会ったかのような感覚。
同い年なのに、私に比べてめちゃくちゃ大人で包容力があって、感動してしまった…


正直かなり前になるので何食べたかあんまり覚えていない…
ココナッツスープは美味しかったし、クリスピーチキンも美味しかったです!
タイ料理を食べながらお互いの近況報告。

ご飯の後も私の観光に付き合ってくれるということで、テクテク散歩。
途中見付けた可愛い建物

そしてやって来たのがメディエンハーフェン地区。
天井のない美術館と言われている港湾エリアです。
ネットで調べたらこの【Flossis】という人形が建物に張り付いているアートが2018年撤去される、と書いてあって
もうないかな〜?とか言いながら近付いて行ったら…なんと解体作業中でした(笑)
ギリギリ間に合いました。ラッキー!!!
しかもこんなところ見られないから、むしろ本当にラッキー!!!

その隣には【Colorium】という高層ビル

カラーガラスになっているそうで、とってもカラフルで可愛い!!!
ホテルも入っているそうです。こんなところに泊まってみたい。

横から見ても壁に張り付いているよー!すごいアートです、面白いね〜!

解体作業の現場に近付いたら…人形がこんなことになっておりました(笑)

対岸を見渡すとラインタワーが見えて素敵。
そして「白い少し歪んだ建物がある!」と発見して歩いて行ってみることに。

こちらもメディエンハーフェン地区のシンボル【Gehry-Bauten】でした。
水色の建物だと思って見ていたら…
なんとアルミで覆われていて空が反射していたのでした!!!

建物自体は閑散としていて誰も住んでいない雰囲気でした。

また歩いていると発見!【YOMARO】
デュッセルドルフの有名なフローズンヨーグルト屋さんということで行ってみたかったのです。
Mちゃんも行ったことない、ということでお付き合い頂きました。
私はヨーグルトにチョコレートソースに、何だろう?クッキーみたいなのが入ってる?
Mちゃんはマンゴーソースでした。
結論、フローズンヨーグルトにはゴテゴテトッピングしない方が美味しい(苦笑)
フローズンヨーグルト自体はさっぱりしていて本当に美味しかったです!

その後はアンティークショップへ。
【WANDEL ANTIK】

可愛いガーデン。中も色々なアンティークがあって面白かったのですが、
どれもこれもとても高くて買付けは全く無理でした。。。

呼び鈴があまりにもクラシックで素敵で…昔の映画みたい。

公園を通ってまた街中の方に戻ります。
大きな池があってすごくリラックス出来そうな大きい公園でした。

で、私、存じ上げなかったのですが、ヨーロッパにも花粉症があるんです…!!!
ドイツに来てから鼻水が止まらないなーと思ってMちゃんに話したら、それ花粉症じゃない?と。
白い綿毛がめちゃくちゃ飛んでいるのでそのせいかと思っていたのですが、花粉症だったようで
Mちゃんに薬があることを教えてもらって薬局に連れて行ってもらいました。
花粉症の薬は値段は忘れたのですが安かったです。20粒も入っています。
一緒にポケットティッシュもくれて、更にその場で水もくれて、すぐに薬を飲めました。
そうしたら、まーびっくり!!!
一瞬で鼻水が止まりました。ほんとに花粉症だった…!!!
春〜夏にヨーロッパ旅行されて鼻水が止まらない…となられた方、花粉症を疑ってみて下さい。。。

結局夕方までMちゃんに付き合ってもらってとっても楽しいデュッセルドルフ観光が出来ました!
いや〜30年振りに再会出来て本当に良かった。ありがとう、Mちゃん!

さて、次回はデュッセルドルフから少し遠出して、おとぎの国のような可愛らしい街に
行って来たのでお楽しみに!

2018年9月29日土曜日

デュッセルドルフのコインランドリー、からの唐揚げ定食!そして可愛いケーキ!(5月12日)

今回2ヶ月のヨーロッパ滞在では、ほぼほぼairbnbを利用したのですが…
洗濯機がないところが結構あります。
デュッセルドルフで借りた部屋にもなくて、近所のコインランドリーに行って来ました。
コインランドリーは結構あるのでそんなに不便ではないと思います。
デュッセルドルで利用したのは"Eco-Express"というコインランドリー。

朝の10時までに利用すると3.0ユーロ、それ以降は3.5ユーロという早割り制度がありました!

使い方はドイツ語のみですがなんとなーく分かります。

ここにお金を入れて自分の洗濯機の番号を押します。

乾燥機もあります。(私は使いませんでした)
ただし洗剤はスーパーで自分で買って行く必要があるのでご注意下さい。
ちなみにブリュッセルのコインランドリーは洗剤の自動販売機がありましたが
デュッセルドルフにはありませんでしたので買って行きましょう。
洗剤はめちゃくちゃ安いです。
近くにLidlというディスカウントスーパーがあってそこで買ったのですが
大容量ボトルで2ユーロしなかったです!!!(驚愕)

洗濯は40分掛かるのでその間にお買い物。
ステイ先の近所には色んなスーパーがあるのですが、今回はREWEに行ってみました。

REWEの自社ブランド"ja!"シリーズが好きで揃えてみました。
ロゴが可愛くないですか?
10年前にロンドンに留学していた時、ドイツに旅行して、スーパーの棚一面にこの"ja!"印の
牛乳が並んでいた時の衝撃?は忘れられません(笑)
デュッセルドルフ滞在中は毎朝こちらでサンドウィッチ作って食べていました。

さて、洗濯を終えて、Jちゃんとデュッセルドルフ街歩きスタート!
まずはJちゃんが韓国スーパーでうどんを買いたいということでHANAROへ。
この近辺は韓国&日本スーパーが何軒か並んでいます。
デュッセルドルフの日本人街と呼ばれるエリアで、駅から少し歩いたところにあります。
日系企業も沢山ありますし、Nikkoホテルもあります。
これもまた10年前の話になりますが、当時友人がNikkoホテルで働いていたので
ロンドンから遊びに来たことがあります。
HANAROに入ると、ほんとここは韓国か?!と思う程アジア人いっぱい。
食材も韓国語のものが並んでいて、お惣菜がどれもこれも美味しそう!
デュッセルドルフに住めば確実に食に困ることはないんだろうなー。

そしてこちらもJちゃんが以前来たことがあるという日本食レストランKAGAYAへ。
ご覧の通り少しだけ並んでいましたが少し待ったら入れました。

結構なボリュームでこのお値段。安くないですか???
少しだけドイツ人の方もいらっしゃいました。

紛れもなく、唐揚げ定食!!!日本クオリティー!!!
あ、ちなみにTori-pon定食です。めちゃくちゃ美味しくて、お腹いっぱいになります。
これは素晴らしい。このお値段、このお味、そしてこのボリューム。
大満足間違いなしです。おススメです!!!

そこからプラプラ可愛い雑貨屋さんなんか覗きながらライン川方面へ。
ラインタワー、どーん!

こちらもJちゃんが行ってみたいということでKITというライン川沿いの美術館へ。
それにしてもJちゃん、いいとこ良く知ってるなーさすがだなーと、
改めてblog書きながら思っています(笑)

コンクリート打ちっぱなしのかっこいい美術館




個人的にこのダンボール?みたいなものを使ったインスタレーションの動画が最高にツボで
めちゃくちゃシュールで面白かったです。
他にもアジア人の方の動画もすごく見応えがあって、かなり好みの展示内容でした。

ライン川沿いはピクニックしているドイツ人がわんさかいらっしゃいました。
皆気持ち良さそうに季節を楽しんでいる感じが本当に素敵です。

ドイツでたまに見掛けたこちらは無料の本屋さん。
読み終わった人が本を入れて、欲しい人が本をもらう。素晴らしいシステム。

そして旅日記1日目でご紹介していたスーパー"Zurheide Feine Kost"にあるカフェへ。
まず見た目がすっごく可愛くないですか?ハート形にフランボワーズがちょこん。
ここのお店、まずヴィジュアルが素敵だったんです。どれもこれも可愛くて。
ドイツっぽくないですよね、勝手なイメージなんですけども(苦笑)
日本っぽいというか小洒落ていて、パリっぽいというか。とにかくお洒落!
そしてカフェもケーキもすっごく美味しかった〜〜〜!!!
Jちゃんとケーキ2個食べたい!とか騒いでたけど、結局理性が勝って1個にしました。
いや、2個食べておけば良かったーーー!!!(苦笑)
ここ本当におススメです。店内の雰囲気もいいし、気軽に入れるし。
近所にあったらヘビロテしていること間違いなしです。


そして、この日の夕方の列車でJちゃんはアムステルダムに帰国。
帰りにデュッセルドルフ中央駅の前にある屋台でカリーヴルスト、最後の晩餐。
ほんまよー食べますな。これでJちゃんはモデル並みのスタイルだから素晴らしい。
私はひたすらブクブク太る。2ヶ月の滞在中よく歩いたし、絶対痩せたよな、と思って
帰国して体重測ったらまさかの現状維持でびっくりしましたよ。
それにしてもカリーヴルスト、うまし!!!大好きです!!!

"Zurheide Feine Kost"で、Jちゃんにこれ美味しいよ!と教えてもらった"Grand Dessert"
いやこれマジで激美味です!!!
滞在中何回か食べました!(だから痩せない…)
Double Toffeeが特に美味しいです。
"alpro"のココナッツフレーバーは味が薄くて微妙でした。。。

それでは、次回もまだまだデュッセルドルフの様子をお伝え致します!

2018年9月12日水曜日

Bruder Klaus Field Chapel(ブリューダー・クラウス・ フィールド・チャペル)へ行ってみた!(5月11日)

ドイツに着いて早速ブリュッセルに日帰りしたりと慌ただしい日々を送っておりますが
この日からアムステルダムに住んでいる、このブログでもお馴染みのJちゃんが
ドイツに遊びに来てくれて一緒に観光して来ましたー!

Jちゃんは前日からケルン入り。
この日は朝ケルン中央駅で待ち合わせて、Jちゃんが行ってみたかったという教会に行って来ました。
Jちゃんは建築好きで、そのお陰で私が全く知らないような素敵な場所を教えてくれます。
今回訪れた教会もめちゃくちゃ素敵で、本当に来て良かったなと思いました。

ケルン中央駅

ケルン中央駅からREに乗って、途中Mechernichで乗り換えてSatzveyに到着。
この教会に行くには他にもバスに乗って行く方法もあるみたいなのですが
私たちはドイツの田舎道を散歩したい〜ということで、Satzveyから延々約1時間歩いて向かいました。




こんな感じで牧歌的な風景が広がる道をテクテク散歩
緑が優しくて気持ちよかったです。

約1時間ほど歩くと、駐車場があって、恐らく観光バスで来る方もいるんでしょうね。
そこから遠くにお目当ての教会が見えて来ました!
いやー1時間歩くって結構長い。。。帰りも徒歩だからね。。。

またこの駐車場から教会までもそこそこ距離があるんですよね(苦笑)
でも段々近付いて来ましたー!

そして今回訪れたのがこちら!
Bruder Klaus Field Chapel(ブリューダー・クラウス・ フィールド・チャペル)です。
スイス人建築家ペーター・ズントー氏による設計で、2007年に建てられました。
丸太を円錐状に組んでコンクリートを流し込み、最後に丸太を焼いて空洞を作る、という
とっても変わった建築法なんだそうです。
大大草原?みたいなところに建っているので本当にこんなところに?っていう正に珍百景だと思います。

三角形の扉がとても印象的です。

この凸凹が丸太の型ですね。


なんとなんと!屋根はありません。
雨が降れば濡れてしまいます。
天と繋がっているような、不思議な感覚に陥ります。

ポコポコと見えるのが灯り採りのガラス玉

定礎的な。

ケルン中央駅で買っておいたサンドウィッチでピクニック

そしてケルンに戻って来ました。
まだまだ時間があるのでまずはカフェへ。ドイツのケーキ、おっきくて美味しいよ〜!

その後はぶらぶら観光して、香水屋さんでお土産買ったりして、夜ご飯はドイツ料理のレストランへ。
Googleで調べて評価が良かった【Weinhaus Brungs】へ。
この辺りは広場があって、レストランが集中していて、どこもいい感じの雰囲気でした。


右上のイラストをご覧下さい!!!
そうです、これを食べに来ました!!!
シュパーゲル〜〜〜(白アスパラ)!!!!!!

奥がシュパーゲルwithオランデーズソース
手前がJちゃんおススメのナックルポーク
どちらも美味、美味でございました!!!
シュパーゲルは5月6月がシーズンなので、滞在中2回堪能させて頂きました。
本当に瑞々しくて癖がなく、オランデーズソースがまた濃厚で美味。
スーパーでも大量に売っていたし、ドイツ人は家庭でも沢山食べるんでしょうか。
羨ましい限りです!

それにしてもドイツに着いてから早速ヘルペスが出来てしまい、治っては出来、治っては出来、を
繰り返して、帰国後1ヶ月くらいずっとヘルペス生活しておりました(苦笑)
写真がどれもヘルペス付きで悲し過ぎます。。。
飛行機の長旅、早朝移動、と、老体に鞭打っているとこんなことになりますね。
休息と睡眠って本当に大事だな、と改めて感じた2ヶ月でした。

さて、次回はデュッセルドルフ観光の様子をお届けしたいと思います。